Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ルエダのワインルート

ルエダのワインルート

Valladolid

ドゥエロ川左岸の縦横に広がるこのルートは、バジャドリード県を通り、セゴビア県とアビラ県に接しています。気候や土壌の特性から、この地域はベルデホ種のぶどう栽培に最も適しています。なかなか真似のできない高い品質を有するこの地のワインは、地元グルメと密接にむすびついて、その主役となっています。

Carretera Medina del Campo-Olmedo, Km. 2,1

47400 Medina del Campo, バジャドリ (カスティージャ・イ・レオン)

info@rutadelvinoderueda.com http://www.rutadelvinoderueda.com/es/

+34 635844947

+34 983803411

行き先

ワインの


マップをナビゲートして見逃せないルート上のスポットをご覧ください。

ワインの特徴

1980年、ルエダD.O.はカスティージャ・イ・レオン州で最初の原産地呼称に指定され、それ以来、その白ワインは世界中で知られるようになりました。独特の緑がかった黄色、香りのよさ、新鮮でフルーティーかつエレガントな味わいが特徴の若いワインが、伝統的に造られてきました。近年では、樽発酵やスパークリングワインに力を入れているワイナリーもあります。ソーヴィニヨン・ブラン、ヴィウラ、パロミノ・フィノなど、他品種のぶどうから作られた白ワインもあれば、赤ワイン、ロゼワインもお試しいただけます。

ルエダのワインルート

見どころ

ルート上の13の自治体には、ムデハル様式の古い寺院、女子修道院、修道院、メディナ・デル・カンポのモタ城などの城塞といった、素晴らしい歴史的遺産が残ります。カトリック女王イサベルのルート、またはフアナ・ラ・ロカの足跡があります。新しい切り口の、味わい深い伝統料理も魅力です。薪を使った仔羊や仔豚のロースト、ラ・アルムニャス産のレンズ豆がおすすめです。絶品の伝統菓子。温泉療養リゾートのワインセラピーでリラックス。国内観光名所に指定されているメディナ・デル・カンポの聖週間。セラーダとルエダのぶどう収穫祭やベルデホ祭など、ワインの世界に関連した祭典も行われます。詳しくは、各地の観光案内所にお問い合わせください。

ルエダのワインルート

アクセス方法

ルエダのワインルートは、自動車道A-6号線でマドリード、CL-610号線とN-601号線でバジャドリードからアクセスが可能であるほか、鉄道とバスでスペインの他の地域とも結ばれており、交通の便は抜群です。また、バジャドリードとマドリードを結ぶ高速鉄道のセゴビア駅から20分、マドリードの国際空港から2時間弱の距離にあります。ティエラス・デ・メディアナ市町村連合体、ルエダ、セラーダ、トルデシージャス、メディナ・デル・カンポ、マタポスエロス、ラ・セカ、ナバ・デル・レイ、オルメド、ポサルデス、ビジャベルデ・デ・メディナ、フレスノ・エル・ビエホ、ビジャヌエバ・デ・ドゥエロが、ルエダのワインルートに含まれています。

ルエダのワインルート