Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ウエルバ県ドニャーナ国立公園で飛ぶフラミンゴの群れ。

動物を観察できるサファリに行きませんか? これらの動物は、スペインでご覧になれます。

none

辛抱強く環境や動物に配慮し、そして専門家に同伴してもらうと、スペインでは野生状態の動物を観察することができます。提案の中には、クジラや多くの鳥類、または繁殖期のシカなどのように、観察がまず間違いなく保証されているものもあります。より運任せで理想的な条件がある場合に限られる提案もありますが、その際に目にできるものはヒグマやオオカミ、スペインオオヤマネコや巨大なヒゲワシだったりするのです。  

  • スペインの海岸でジャンプするイルカ(Delphinidae)

    イルカやクジラ

    イルカやクジラのウォッチングのクルーズは、カディス海岸、カナリア諸島、ムルシア州やガリシア州のリアス・バイシャスでよく行われます。場所によっては、イルカのほうからクルーズに近寄ってくることも珍しくありません。時には、海岸からもイルカやクジラの群れを遠くに目にすることができます。その一方、カンタブリア州やバスク州ではクジラやシャチを目にすることができるとはいえ、その確率はより低くなります。

  • シウダ・レアル県カバニェロス国立公園のシカ(Cervus elaphus)

    シカ

    繁殖期はシカが交尾を行う期間であり、メスを引き付けるためにオスが喉から出す鳴き声が特徴となります。遠くからシカを眺めたり、求愛シーンを眺めたりするのに最高の時期は通常9月末です。この自然のショーはスペイン各地で楽しむことができます。その中にはアルト・カンポオ(カンタブリア州)の山々、クレブラ山地自然公園(カスティージャ・イ・レオン州サモラ県)、カバニェロス国立公園(カスティージャ・ラ・マンチャ州トレド県とシウダ・レアル県の間)、ドニャーナ国立公園(アンダルシア州ウエルバ県、カディス県とセビージャ県の間)、またはモンフラグェ国立公園(エクストレマドゥーラ州カセレス県)などがあります。

  • タラゴナ県エブロ川のフラミンゴ(Phoenicopterus)の群れ

    フラミンゴ

    このエレガントな鳥類にとってスペインは理想的な目的地であり、温和な気候に惹かれてやって来るのです。スペイン全国の砂丘や湿地で、ほぼ年間を通じて簡単に目にすることができます。とくに有名な場所としては、ドニャーナ国立公園エブロ川デルタ地帯自然公園(カタルーニャ州)が挙げられます。

  • 森の中のヒグマ(Ursus arctos arctos)

    ヒグマ

    絶滅危機種であり、スペインには330頭ほどしかヒグマが生息していないと推定されています。カンタブリア山脈のブナやオーク、そしてカバの森の中で、ソミエド自然公園フエンテス・デル・ナルセア、デガニャおよびイビアス自然公園(アストゥリアス州)、パレンシア山地自然公園(カスティージャ・イ・レオン州)、またはカンポオ・デ・スソ、ポラシオネスやリエバナの山地(カンタブリア州)のような場所に生息しています。その観察は常に専門家の同伴、そしていずれにせよ遠くから行う必要があります。観察向けのエクスカージョンは、4月から6月そして8月から11月にかけての夜明けや夕暮れに通常行われます。 

  • スペインオオヤマネコ(Lynx pardinus)、シエラ・モレナ、アンドゥハル、ハエン県

    スペインオオヤマネコ

    この巨大な猫は、絶滅危惧種です。イベリア半島に1,000匹以上住んでいると推定されます。スペインはこの動物種の復元・保存プログラムを多数導入しており、アンダルシアでは2ヶ所の生息地でこれらプログラムが確立しています。ドニャーナ国立公園(ウエルバ県)、そしてカルデニャ・モントロ山地(コルドバ県)とアンドゥハルのシエラ・モレナ(ハエン県)という両自然公園の間でです。その観察は、牧草のない丘を目にできる観察所から朝早く行うと、実現できる可能性が高まります。常に遠くから観察を行い、双眼鏡や静寂、そして忍耐力が必要になります。 

  • イベリアオオカミ(Canis lupus signatus)、サモラ地区

    オオカミ

    スペインは、西ヨーロッパでも最も密度の高いオオカミの群生がいます。カスティージャ・イ・レオン州サモラ県のクレブラ山地に群生は住んでおり、ここでは年間を通じて観察することができます。さらに、9月から11月にかけては、春に生まれた子オオカミを目にすることができます。プエブラ・デ・サナブリアにあるフェリックス・ロドリゲス・デ・ラ・フエンテ・イベリアオオカミセンターは、この動物について詳しく知るうえで欠かせない場所です。 

  • クロハゲワシ(Aegypius monachus)のつがい、モンフラグェ、カセレス県

    クロハゲワシ

    両翼を広げると2.5m以上の幅になるこの巨大な鳥は、モンフラグェ国立公園(エクストレマドゥーラ州)の象徴です。ここには、400ほどのつがいが生息していると推測されています。グアダラマ山地国立公園(マドリード州とカスティージャ・イ・レオン州の間)も、観察に絶好の場所です。 

  • アラゴン州で滑空するヒゲワシ(Gypaetus barbatus)

    ヒゲワシ

    人がほとんどいない高山で空を飛び回る巨大な鳥の一つで、ヨーロッパでの生息数のうち4割ほどがアラゴン州に住んでいると推測されています。アインサやエスクアインのようなスポットのあるソブラルベ地区は、おそらくヒゲワシを観察できる可能性が最も高い場所でしょう。さらにここでは、アカトビ、クロハゲワシやイヌワシとった、あまり見られない他の鳥類も生息しています。