Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
リベイラ・サクラの渓谷

リベイラ・サクラを訪れる7つの理由

ガリシア

自然と波長を合わせる場所


伝統、スピリチュアリティ、多くの自然スペイン北部のガリシア地方にあり、深い森により印象的な風景が生まれています。リベイラ・サクラ(オリビオ山脈・コウレル山脈と並んで生物圏保護区に指定されました)には、十を超える数の興味深い中世の修道院のほか、スペイン最古のワイン産地のひとつがあります。

  • リベイラ・サクラのブドウ畑

    ワイン醸造の伝統

    メンシア種のブドウと「英雄的なブドウ栽培」が、この地域で生産されるリベイラ・サクラの原産地呼称を得たワインの品質証明です。英雄さは、絶壁の段々畑にあるブドウ畑を指しています。シル川の南側の傾斜に数多くあり、ここでは大きなワイナリーや、この地方ならではの「コジェイテイロス」(小規模な自家製ワイン蔵)を訪れることができます。モンフォルテ・デ・レモスには、ワインのビジターセンターがあります。

  • カベソアスの展望台

    素晴らしい峡谷

    神話によると、ユピテル神がガリシアに惚れこみ、ガリシアを手に入れるためにミーニョ川を渡ったということです。嫉妬したその妻ユーノーは、風変わりで美しいガリシアを罰しようと思い、深い傷を負わせたのです。その結果が素晴らしく深いシル峡谷です(ミーニョ川に合流するまでの下流25kmの流れ)。かくして神々の手により、巨大な峡谷や渓谷を擁したリベイラ・サクラの土地が生まれたのです。

  • 修道院 - Parador de Santo Estevo de Rivas de Sil

    スピリチュアルな訪問

    この地域では、ヨーロッパでも最もロマネスク様式の教会が集中しており、サン・パイオ・デ・ディオモンディサント・エステボ・デ・アタンサン・ミゲル・デ・エイレサン・フィス・デ・カンガスなどがその好例となっています。サンタ・クリスティーナ・デ・リバス・デ・シル修道院サント・エステボ修道院(後者はパラドールホテルなので、訪問だけではなく宿泊も可能)を訪れると、シル渓谷の美しい風景をお楽しみになれます。また、コレヒオ・デ・ロス・パドレス・エスコラピオス(モンフォルテ・デ・レモスにあり、エル・グレコの絵画2つの展示あり)や、サンタ・マリア・デ・モンテデラモ修道院への訪問もお勧めです。

  • ア・カペラ展望台

    自然の展望台

    印象的な自然へのショーウインドウとなる、絶景を擁する巨大な絶壁。その中でもよく知られているものは、マドリードのバルコニー(シル川渓谷を一望できる)、カストロ・カルデラス展望台(同じ川の美しい区間から現われる)、チャンタダ灯台(ルゴ県内全体とオレンセ県の大半のリベイラ・サクラが目にできる)、そしてカボ・ド・ムンド(丘から観覧できるミーニョ川の巨大な湾曲)です。

  • リベイラ・サクラのカタマランでの河川クルーズルート

    川からの観光

    ミーニョ川とシル川からカタマランでクルーズを行うことは、おそらくリベイラ・サクラに入る最高の方法の一つです。ミーニョ川の流れはブドウ畑を主人公としており、シル川の流れは非常に急峻な風景で特徴づけられます。

  • リベイラ・サクラのマオルート

    緑の森

    安らかさを見つけるのにぴったりで、まるで魔法のような風景。古代のケルト文化はこれらの森を神聖なものとみなしており、修道僧や隠遁者はこれらの土地に引きこもって瞑想を行いました。樹齢を積んだ栗の木やナラの木の森を散策したり、シル川の合流地点の近くのマオ河畔の小道で見えてくる人里離れた風景を発見したり、絶景の展望台に顔を出したりすると、その理由がよくわかります。

  • カボ・ド・ムンド、リベイラ・サクラ

    秋の風景

    または、リベイラ・サクラの緑が小豆やオレンジ色になり、全く異なる風景に姿を変える時。ミーニョ河岸のブドウ畑とサン・マメデ山地との間の風景の変化は、目を見張るものがあります。