Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
 雪が積もったラ・グランハ・デ・サン・イルデフォンソ宮殿の庭園。セゴビア

冬のスペイン

none

寒さに負けない観光プラン


12月22日から3月21日頃までの期間は、多くの理由からスペインへの旅行に適した時期とされています。まず第一に、冬の代表要素をすべて楽しむことができる上に、ほとんど常に天気が良く、通常の極端な気温や頻繁な雨はありません。気温が下がり、雪を楽しんだり、ウィンタースポーツをすることができ、体が温まる料理を堪能することができます。また、いつもと違った春らしい冬を過ごしたいなら、カナリア諸島を訪れ、年間平均気温24度の気候を利用して、ビーチで快適な数日間を過ごすことができます。この季節は、楽しいカーニバルから、冬から春にかけて行われるイベントであるクリスマスやイースターまで、魅力的な伝統行事が目白押しです。ここでは、冬にスペインに旅行する理由のいくつかをご紹介します。

大都会での都市観光

マドリードバルセロナビルバオバレンシアセビリアマラガなどの大都市では、この数ヶ月イベントで溢れかえっています。この冬は大都市を訪れて、マドリードのグラン・ビア劇場でのミュージカル鑑賞、バルセロナでのバルサのサッカー観戦、ビルバオのグッゲンハイム美術館での最新の展覧会、バレンシアの芸術宮殿でのオペラ鑑賞、セビリアのタブラオでのフラメンコショー、ピカソの故郷マラガのピカソ美術館での企画展での作品鑑賞を含む、ほぼ無限のレジャーの可能性を提供する主要観光地のツアーを制覇してみてください。さらに、これらの都市にはすべて国際空港があり、ほとんどの都市には高速鉄道が通っています。

バルセロナのバトリョ邸

カナリア諸島へ飛ぶ。冬の平均気温22℃

イベリア半島南西部に位置するこれらの島々(マドリッドから飛行機で3時間弱)は、世界でも有数の気候を誇っています。平均気温は22℃前後で、冬でも半袖で快適に過ごすことができます。天候に恵まれているため、真冬でも4つの国立公園の景観を楽しむことができます。また、12月31日には美しいビーチで泳いで1年の終わりを迎えるなど、通常とは異なる体験をすることができます。

ラ・パルマ島のビーチ

甘いクリスマスを過ごす

11月下旬以降、スペインでは早くもクリスマスの雰囲気が漂いはじめます。通りは多数のイルミネーションとライト付きの大きなクリスマスツリーで飾られ、多くの都市の広場では、あらゆる種類の代表製品を集めたストリートマーケットやアイススケートリンクが設置されます。スペインでクリスマスを過ごすことに決めれば、巨大なキリスト降誕のシーンの再現を見たり、有名なサン・シルベストル・バジェカーナのマラソンを走ったり、12月31日の大晦日の真夜中に12回の鐘の音に合わせて12粒のブドウを食べて新年を迎えたり、1月6日に東方の三博士からプレゼントを受け取ったりと、スペインらしいことをいくつも体験することができます。そして、なぜ「甘いクリスマス」なのかと思ったはずです。それは、トゥロンやポルボローネ、マジパンなどのスイーツはクリスマスに不可欠だからです。

クリスマスのマドリードのプエルタ・デル・ソル

買い物に出掛けてセールを最大限に活用

ショッピングがお好きな方は、スペインの主なセール期間は冬だということを覚えておいてください。通常、1月7日にセールがスタートしますが、マドリードやいくつかの都市では開始日が前倒しされ、場所によっては1月1日に始まるところもあります。スペイン内でも場所によりセールの期間が異なり、3月末まで続くところもあります。

マドリードで息抜き

カップルでの旅行は

いかがですか。2月14日はバレンタインデーなので、この日にカップルでスペイン旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。特にロマンティックな体験をご紹介します。好みによりますが、セビリアの旧市街を馬車で走る、雪が積もって白くなったグラナダのアルハンブラ宮殿の前で夕日を見る、マドリードの王宮前で夜の散歩をする、城や宮殿で夜を過ごす(パラドールの多くは修復されたモニュメントです)、アインサアルバラシンロンダなどの魅力的な村にあるカントリーハウスや居心地の良いホテルで暖炉前で寄り添うなど、アイデアはたくさんあります。

グラナダのアルハンブラ

最も伝統的な2つの祭りに参加する

ここで紹介する正反対の2つの行事は知っておいて損はありません。2月には、楽しい時間を過ごすことを目的としたカーニバルがスペイン全土で祝われます。仮装、ユーモア、色彩、そして街中で多くの喜びが生まれる時でもあります。中でも、サンタ・クルス・デ・テネリフェ(カナリア諸島テネリフェ島)、カディス(アンダルシア州)、アギラス(ムルシア州)、シンソ・デ・リミア(ガリシア州オウレンセ)などが人気です。そしてその後(3月末から4月にかけて)、セマナ・サンタ(聖週間)が祝われます。これはスペインで最も深く根付いたお祭りのひとつで、情熱的な宗教的パレードや太鼓の音が街中に響き渡ります。アンダルシア、アラゴン、カスティーリャ・イ・レオン、カスティーリャ=ラ・マンチャ、カンタブリア、バレンシア、ムルシアでのお祭りは特に有名です。

サンタ・クルス・デ・テネリフェのカーニバル

冬の自然を楽しむ

「春は花の季節」と誰もが子供の頃から習ってきました。しかし、これはどこに行っても正しいというわけではありません。スペインで最も美しい開花の光景の2つは、冬に見ることができます。一つは、ガリシアでは何百種類ものツバキが栽培されており、ルビアンス(ポンテベドラ県ビラガルシア・デ・アロウサ)やサン・ロレンソ(ア・コルーニャ県サンティアゴ・デ・コンポステーラ)などの典型的な家の庭を色鮮やかに彩っています。2つ目は、2月の初めにマヨルカ島で開花する何千本ものアーモンドの木です。また、バレアレス諸島の静けさを堪能するにも適した時期です。自然界の冬の風景といえば、ピレネー山脈(アラゴン、カタルーニャ、ナバラ)やシエラ・ネバダ(アンダルシア州グラナダ)などに見られる雪山ですが、それ以外にも多くの場所で見られます。さらに、スノースポーツを楽しむことができる重要なスキーリゾートもあります。

マヨルカ島のアーモンドの花

体の芯から暖まる

せっかく冬にスペインに来たなら、美味しいチュロスとホットチョコレートを食べずに帰るわけにはいきません。最近では、チュロスとホットチョコレートを提供する魅力的なカフェがどんどん増えています。しかし、スペインの冬の食べ物といえば、焼き栗やボリューミーな美味しい料理も忘れてはなりません。マドリード風シチューアストゥリアスのファバダガリシアのスープカタルーニャのエスクデージャなど、特定の製品に特化したフェスティバルもいくつかあり、たとえばレオン州のベンビブレではボティージョ祭,が開催されます。ぜひお試しください。

チョコレートとチュロス
に関する詳細をごらんください