Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ラカルチェーラの山腹で、ベラグアの景色を眺めるハイカー

ナバーラ州の見どころ:イラティの森でのハイキング

ナバーラ特権州

イラティの森 を歩いて回ることはすなわち、ヨーロッパ全土で2番目に大きな面積を誇り、最も手入れが行き届いたブナとモミの森に深く入り込むことを意味しています。計り知れない生態学的価値をもつ、本物の自然の宝物です。休暇が特別な体験になるように、様々なオプションがあなたを待っています。アクセス方法はアエスコア渓谷とサラサール渓谷からの2通りのルートがあります。どちらのオプションでも、観光案内所、警備サービス、駐車場、ピクニックエリアが設置されているので、あなたに最適なルートをお選びください。ハイキング、サイクルツーリズムの腕を上げる、はたまたガイド付き四駆ツアーを手配したりすることもできます。以下、2つの必見ルートをご紹介します。確実に、忘れられない思い出になることでしょう。 

アエスコア渓谷からのルート:パライソス・エルラン SLNA-54C

パライソス・エルランのルートは、イラビア貯水池から始まる静かな循環ルートです。およそ1時間かけて、ブナ森、森林道、古い伐採用の小道の間を6キロメートルほど歩きます。出発点まで戻るには、まずメリンダッド・デ・サングエサにある美しい村オルバイトセタを通り、そこから標識に従って貯水池まで行くと、イラティ川の水が終結する様子が目に飛び込んできます。ルートの最初の区間では、貯水池に沿って進み、小道を歩いていくとモソロチキの緑の斜面に入ります。単純で簡単なルートです。次の区間では、エルムニョアの森へと続く道を登っていくと、貯水池の完璧なパノラマビューに加え、標高940メートルの所に細長いブナの木が生い茂る広大な地域を眺めることができます。風景の写真を撮った後、スタート地点に向けて下山していきましょう。

ナバーラのメリンダッド・デ・サングエサ近くの環状ルートを歩く二人の女性

サラサール渓谷からのルート:ガルチョットのルート

ガルチョットのルートは、約4時間かかる伝説のルートと呼ばれています。サラサール渓谷のメリンダッド・デ・サングエサにある村、イサルスを訪れれば、中世のナバーラ出身の吟遊詩人が恐ろしい罪を犯して罰を受けたというガルチョットの恐ろしい伝説について知ることになり、伝説のルートたる理由が分かるでしょう。そこから、白とオレンジの標識が立つルートに従って、十数人の住民しかいない不思議な村、ウスタロスに向かいます。農地や木々に沿って自分のペースで進んでいくと、少しずつ茂みが深くなり、山地に入っていきます。アルボレタ渓谷を一周する頃、ベアトキア展望台にぶつかるでしょう。そこからは、ラ・メサ・デ・ロス・トレス・レジェスやピック・ダニー等の壮観なピレネー山脈を遠くに眺めることができます。この最初の区間では、まず野原に到着し、ここからリパルダ滝までレガッタと共に下りていきます。

イラティの森のガルチョットのルートを歩いて回る若者

少し足を休め、エネルギーを回復させた後、エルコレタ洞窟に向かいます。洞窟は、岩の奥に奇妙な三角形の開口部があり、ガルチョットの伝説を思い出させます。アボディ山脈の下に広がるサラサール渓谷のパノラマビューを見下ろしながら、オークとブナの生い茂る森の中を約1キロメートル歩きます。ふと見ると隣で牛がのんびり草をはんでいるので、不思議な気分になるでしょう。洞窟を通った後は、土の道にたどり着くまで、柵と柵の間を下山していきます。さらに、小道やオーク林を通って降りていくと、美しいイサルス村に戻ります。ここまでお読みになっておわかりいただけたと思いますが、 ナバーラ 内部には魔法が秘められているのです。いつ始まったか分からないほど古い伝説もあれば、今日に至るまで人の手が加わっていない人気のルートもあります。ルートを選んだら、イラティの森に行っておとぎ話のような冒険を体験する準備に取り掛かりましょう。

サラサール渓谷、イサルス村の眺め、ナバーラ
に関する詳細をごらんください