Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
テネリフェ島でハイキング

カナリア諸島のおすすめハイキングルート #SpainNature

カナリア諸島

カナリア諸島の火山島を訪れると、緑豊かな月桂樹の森や黒い砂のビーチ、噴火口、崖や雲海、そしてスペインで最も高い山頂を見ることができます。それらを見ることができる、カナリア諸島のおすすめハイキングコースをご紹介します。これらのハイキングコースはスペインで最も美しい道のいくつかであり、多くは最高峰に通じています。 ハイキングブーツを履いて出発しましょう。

物語の中のジャングルのようなガラホナイ

最初のおすすめルートは、ゴメラ島にあります。ガラホナイ国立公園に足を踏み入れると、月桂樹の森の中では、数百万年前に地球のほとんどの場所から姿を消した数々の植物を見ることができます。森の中を歩くと、新生代にタイムスリップしたような気分になります。湿気の影響でコケに覆われた木や水平降雨の現象で、夢の中にいると錯覚してしまいそうです。(森に被さるほど低い位置に浮かぶ雲が木の湿気を保ちます。)公園の名前の背景には悲しい伝説があります。恋人同士であったガラとホナイは、家族に関係を反対され、槍で互いの命を絶ったといわれています。 また、この公園は予約可能なガイド付きツアーも行っています。ガイド付きツアー以外では、18本のハイキングコースからルートを選びます。一番長いコースは12.7キロメートルで、約6時間半で歩ききることができます。詳細は観光案内所でご確認ください。公園の地図、モバイルアプリケーション、音声ガイドはこちらでご覧いただけます。

ボスケ・デル・セルドでのハイキング。ラ・ゴメラ島のガラホナイ国立公園

100%再生可能な島の中心にあるヒナマロード

次にご紹介するのは、世界初の完全に自給自足で100%再生可能な小さな島、エル・イエロ島です。この島のハイキングルートは自動車道よりも何キロメートルも長いのです。島の中心部にあるヒナマロード,は、険しいですがおすすめのハイキングルートです。ぜひ挑戦したいのが、約3.5キロメートのルートにある約815メートルの急斜面です。昔この土地で一番高度が高い場所に住んでいた住人は、冬に家畜に適した気候を求めて、この道を通って谷へ降りたそうです。この坂はとても急なため、多くの訪問者は下りだけをハイキングルートに入れます。かつて大きな火山の噴火口だった場所の近くを歩き、頂上にあるカリダ修道院からは、いつまでも思い出に残るような景色を眺めることができることでしょう。この島の最高峰はここではなく、約1,500メートルのマルパソの山頂で、ハイキングルートGR-131の中間点にあります。その他の有名な場所は、貿易風によってねじれた木々で有名なサビナールと呼ばれる森などです。

エル・イエロ島にあるヒナマの展望台

ロケ・デ・ロス・ムチャチョスから眺める雲海

ラ・パルマ島 では深さ1,500メートルの火山のカルデラを見ることができます。ハイキングルートGR-131の一部は、カルデラの端全体に沿って通っています。ロケ・デ・ロス・ムチャチョスの展望台に行って、カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園を見下ろしてください。そこからは、他では見ることができないような雲海の景色が足元から地平線まで続きます。こちらで、公園でのハイキングプランをご覧いただけます。ハイキングに加えて、このエリアでは興味深いツアーをご予約いただけます。ラ・パルマでは天体観測もできます。ロケ・デ・ロス・ムチャーチョス天文台は、カナリア大望遠鏡などの世界で最も重要な望遠鏡がある科学研究センターです。

クンブレシータ展望台。カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園の景観(ラ・パルマ島)

スペインの最高峰へ

テネリフェ島に行くなら、3,718メートルのスペインの最高峰と、世界で3番目に高い火山のあるテイデ国立公園をぜひ訪れてみてください。観光先の選択肢に入れてみてはいかがですか?公園のできる体験の1つとして、標高3,555メートルまで昇るケーブルカーに乗ることができます。チャレンジャーなハイカーはもう少し高いところまで登ることができます。テイデ山の山頂まで歩いて行くには、事前に許可を取る必要があります。(高さ3,250メートルに位置するアルタビスタ民宿で一泊する場合は、午前9時までにハイキングルートを離れるという条件付きで、山頂には許可なしでアクセスできます。)許可が下りたら、テレスフォロ・ブラボ(この地域に隠される秘密を発見した研究者)のハイキングルートにアクセスできます。標高の高い山岳地帯であり、約650メートルのルートの後に約170メートルの急斜面が続きます。頂上からは公園の全景はもちろん、天気がよければカナリア諸島の他の島も眺めることができます。世界の頂点に立った気分を味わえることでしょう。ところで、テイデ山の影は海に投影された世界最大の影であることをご存知でしたか?日没時と日の出の際の両方で見ることができます。

テイデ山の夜空、テネリフェ島

海沿いに隠された洞窟

カナリア諸島の一つであるフエルテベントゥーラ島では、いくつものビーチが広がっています。ロス・モリノスのように特別なものもあります。このビーチの特徴として、干潮時の場合にのみエルミニア洞窟などの洞窟が現れ、そこを歩くことができます。洞窟に入るときは十分に注意してください。ビーチに加えて、フエルテベントゥーラ島には255キロメートルのハイキングルートもあります。出発地点は?ベタンクリア農村公園内にあるラス・ペニータス渓谷のルートSL-FV 27がおすすめです。パルマス川を渡ると、有名なカナリーナツメヤシの木、カナリア諸島最古の地質資料があるビルヘン・デ・ラ・ペーニャ修道院、そしてラス・ペニータスのダムと貯水池があります。簡単に歩ける1.7キロメートルのルートの地図はこちらでご覧いただけます。他にも、フエルテベントゥーラ島の北に位置するコラレホの港からボートでのみたどり着くことができるロボス島のロボスのハイキングルートもおすすめです。

ロボス島自然公園、フエルテベントゥーラ島

石の窓

グラン・カナリア島では、天然火山岩ロケ・ヌブロを近くで見れます。その岩は世界最大で、基部から80メートル、海抜1,813メートルの高さにあります。先住民の人々の古くからの崇拝の場であり、画家や作家、音楽家に影響を与えてきました。そこにある循環トレッキングルートでは、約2時間半でさまざまな景色や大きな火山の火道の跡を観察することができます。グラン・カナリア島のリスコ・カイダとエスパシオス・サグラドス・デ・モンターニャ全域がユネスコによって世界遺産に登録されていることをご存知ですか?

ロケ・ヌブロを遠くから見るなら、「ヌブロの窓」として知られる石のアーチから眺めるのがおすすめです。有名な岩のモニュメントを、本物の窓のようなこのアーチから覗いてみてください。そこに行くには、ロス・ジャノス・デ・ラ・ペスのレクリエーションエリアから出る簡単なルートを通ります。(このエリアでは、家畜の移動に利用されたプラタ・ルートを通ることもできます。)またその他にも、クルス・デ・テヘダの民宿に泊まって、そこの部屋からロケ・ヌブロの景色を眺めるという方法もあります。

火星で散歩

ランサロテ島では、岩や火山のシルエット、色のコントラスト、静けさが、訪問者をまるで火星にでもいるような気分にさせます。この島で最も印象的で有名な自然地帯は、1720年から1736年、および1824年の火山噴火によってできたティマンファヤ国立公園でしょう。ツアー付きのルートやアクティビティを利用して公園内を回ってみましょう。また、溶岩流と島の中心にあるカルデラ・ブランカとの間を走るハイキングルートを歩くこともできます。カルデラ・ブランカは、溶岩によって何世紀も前にできた直径1,200メートルのカルデラです。このルートはドローレス教会が出発地点のトレッキングルートです。10キロメートルのこのルートは、急な斜面がなく、すべての訪問者に適した道です。 これらのハイキングルートや、カナリア諸島に関するその他の情報はこちらでご覧いただけます。 

ランサロテ島の火山自然公園