Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バレンシアのファジャスの衣装

バレンシアのシルクロード

Valencia-València

この街の歴史的シルクロードを結ぶ糸


シルクロードは、バレンシアにおける布やその取引の重要性を紹介しています。  絹に関して欧州でも主な記録を有し、18世紀の絹の布や機織機の重要なコレクションを擁する街です。バレンシアは毎年その祭典で、この繊維で編み上げられた典型的な衣装で絹の伝統的な縫製を再現しており、この街の絹の取引センターだった場所を保存しています。世界遺産に指定されているラ・ロンハです。

シルクロード探訪

シルクロードは自由散策で、またはガイドつきツアーへの参加により訪れることができます。ガイドツアーは約2時間の長さで、英語とスペイン語で案内が行われます。市の観光局のサイトで予約できます。     シルクロードの出発点は、ビロード屋を意味するベリュテス地区です。この地区は15世紀から18世紀にかけて、絹産業のおかげで大いなる発展を遂げました。ここでは絹博物館を訪れて、18世紀の布や、今でも作動する機織機のコレクションを眺めることができます。さらに、ヨーロッパ最大の絹の同業者組合の資料と、絹で縫製された製品の興味深いショップがあります。このルートでもう一つ欠かせないポイントは、バレンシア市の中心部にあるラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(絹の商品取引所)です。この街で最重要のゴシック建築の民間の建物で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。この地域における絹取引の中心地であり、今日では取引交渉が行われた場所である柱の間を訪れることができます。

バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(絹の商品取引所)

博物館の絹

この街の博物館は、特に18世紀前半にバレンシアにおいて絹やその取引が有した重要性を反映しています。   国立陶器博物館は、布で縫製された数多くのアイテムを有しており、その建物はスペインのバロック様式建築の重要な一例となっています。大聖堂博物館は絹で織られた宗教衣装を展示しており、エル・パトリアルカ美術館ではバレンシアの絹産業の価値を強調する豪華な絹繊維に身をまとった人物像が展示されています。  その一方で、マルフェリット宮殿にある鉛はんだリベル博物館には、シルクロードにささげられた一室があります

祭りにおける絹の役割

サン・ホセのファジャスはこの街の大きな祝祭であり、この地域の伝統衣装の輝きを目にする素晴らしい時期です。これらの服は大半が絹で織られており、女性たち(ファジェラス)が着用すると特に目を引きます。ご関心があるようでしたら、縫製に特化したアトリエがあり、そこで注文や購入を行うことができることも知っておくとよいでしょう。サン・ホセのファジャスは3月の最初の週に行われて、現実の風刺を表現する段ボールの構造物(二ノット)でこの街が覆われます。お祭りは3月19日の夜に、これらの大半が焼却(クレマー)されることで終わります。

バレンシアのファジェラスのパレード
に関する詳細をごらんください