Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
シエラ・ネバダでハイキング

シエラ・ネバダ国立公園

parque-nacional-sierra-nevada

アンダルシアの心臓部にある高山と豊かな自然


アンダルシアの東部にあるグラナダとアルメリアには、大陸部スペインの最高峰がそびえています。そこには山々と、この地域に生命の源である多数の川や小川が90キロメートルにわたって伸びています。2000年以上も前から人が定住してきたシエラ・ネバダは、高山で自然と人間の生活が共存するのに最適な場所といえます。

シエラ・ネバダ国立公園


公園は、スペイン南部アンダルシアにあるアルメリア県とグラナダ県の間にあります。

アルメリア  (アンダルシア)

グラナダ  (アンダルシア)

スペースのタイプ:国立公園 面積:86,208 ヘクタール Eメール:sierra.nevada@oapn.mma.es TEL::+34 958980238 Webサイト:https://www.miteco.gob.es/es/red-parques-nacionales/nuestros-parques/sierra-nevada/

アルメリア (アンダルシア):

Abla. Abrucena. Alboloduy. Bayárcal. Beires. Canjáyar. Fiñana. Fondón. Láujar de Andarax. Nacimiento. Ohanes. Paterna del Río. Rágol. Tres Villas, Las.

グラナダ (アンダルシア):

Aldeire. Alpujarra de la Sierra. Bérchules. Bubión. Busquístar. Cáñar. Capileira. Dílar. Dólar. Dúrcal. Ferreira. Huéneja. Güejar Sierra. Jerez del Marquesado. Juviles. Lanjarón. Lanteira. Taha, La. Zubia, La. Lecrín. Nigüelas. Pampaneira. Pórtugos. Monachil. Trevélez. Válor. Nevada. Soportújar.

Carretera A-395 Granada-Sierra Nevada, dirección Pradollano, km. 23

18196  Güejar Sierra, グラナダ  (アンダルシア)

Eメール:usopublico.sn.cma@juntadeandalucia.es TEL::+34 958980246 TEL::+34 958340625 Webサイト:ビジターセンターのWebサイト

Carretera de Laujar a Orgiva, Km. 1

04470  Láujar de Andarax, アルメリア  (アンダルシア)

Eメール:usopublico.sn.cma@juntadeandalucia.es TEL::+34 958980246 Webサイト:ビジターセンターのWebサイト
ギャラリー

画像で


お役立ち情報

知っておくべきこと


  • ご覧いただけるもの

    イベリア半島の最高峰である ムラセンを含む、3,000メートル級の山々が15以上あり、シエラ・ネバダへの訪問者たちを歓迎しています。川、小川、そして公園のあらゆるところに湧き出る泉が、いくつもの垂直分布層をなすシエラ・ネバダの気候に好ましい状況を創り出しています。最下層には牧草地があり、上に登るにつれて姿を現し始めるセイヨウヒイラギガシと松の林は、標高2,000メートルを超える地域にまで広がっています。頂上がいくつも孤立する山頂部では、風、水、寒さによってエコシステムが形成されているため、悪天候の猛攻撃に耐える低木と茂みだけとなります。こういったあらゆる植物相の中に、動物相が、生命維持と餌の獲得に最適な避難所を見いだしています。ここでは、スペインアイベックスやイノシシをはじめとする哺乳動物と、ヨーロッパアナグマやジェネットといったもっと小型の哺乳類が共存しています。また、イヌワシ、ヒバリ、グリフォンのシロエリハゲワシなど、この地域に巣を作る数多の鳥たちがこれに加わります。そのほかにも、その多くが公園にのみ生息している無数の昆虫によって、驚くほど完全なエコシステムが作り上げられています。

  • 公園内のルート

    道や小道のオプションが実に豊富ですので、シエラ・ネバダを探索する最良の方法は徒歩で行くことです。公式に、さまざまな難易度と距離が標示された 23の小道 が存在します。さらに、 自転車 愛好家用に13のルートが設けられているため、シエラ・ネバダをどの方法で探索したいのかを決める必要があります。ただし、選択次第で標高と距離が異なってくるため、探索に出発する前に、自分の状態に最も適したルートであるか確認することをお勧めします。シエラ・ネバダまでは車で行くことをお勧めします。車があれば、公園に隣接する、または園内にある異なる村から村へと簡単に移動できるからです。シエラ・ネバダ国立公園のマップ

  • この地区では以下をお忘れなく...

    ラ・アルプハラについてもっとよく知りましょう高山の過酷な生活条件は、何世紀にもわたって、この地の住民の生活を制約してきました。しかし、肥沃な土地と豊富な水があると分かってから、ラ・アルプハラは非常に生産的な地域へと変化を遂げました。ラ・アルプハラに数多くある泉と峠道の合間に、バランコ・デル・ポケイラを見下ろすような美しい村が点在しています。ブビオン、カピレイラ、パンパネイラの村の間に位置するこの谷のパノラマビューは、シエラ・ネバダの最も印象的なポストカードのひとつに数えられます。この公園を冬に訪れた場合、 スキー をしたり雪を楽しんだりする誘惑に打ち克つことは難しいでしょう。100キロメートルを超える斜面が、その景色でびっくりさせようと、スキー愛好家たちの来訪を待っています(晴れた日にはモロッコさえ眺めることができます)。それらすべてと、アンダルシアの太陽と光が一体化しているのです。さらに、ユダヤ文化、イスラム文化、キリスト教文化など、多くの文化の通過を目撃したこの地域には、様々な歴史的痕跡が残されています。ラ・アルプハラの玄関口である タブラテ橋のようなシンボリックな場所で歴史にどっぷりと浸かってください。もしくは、谷全体を支配する堂々たる丘の上に立つ ランハロン城で、真のタイムスリップを体験してみてはいかがでしょうか。