Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園のクンブレシータ展望台

ラ・パルマ生物圏保護区

La Palma

美しい島


ラ・パルマ島はカナリア諸島の植生のショーケースといっても過言ではありません。2つの自然公園とカルデラ・デ・タブリエンテ国立公園は島の自然の豊かさを反映し、2002年には生物圏保護区にも登録されています。スターウォッチングに最適な場所としてスターライト財団から認められていることでも知られています。

ラ・パルマ島はまたその緑豊かな植物のおかげで「美しい島」という名前でも知られています。小さな島の中に2つの自然公園とカルデラ・デ・タブリエンテ国立公園があることから、この島はまざに自然の楽園といえます。カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園は島の中心部の広大な地域を占め、直径8キロメートルの巨大なクレーターやロケ・デ・ロス・ムチャチョスの山頂といった素晴らしい場所も含まれています。多くの小川、泉、滝が島全体にあり、豊富な固有種と素晴らしい活き活きとした植物の風景が広がっています。シナノキ、月桂樹、ヒース、イチゴの木など、さまざまな種類の植物が見事に重なり合い、もっとも標高の高いエリアにはカナリア松の林があることも目を引きます。島の北部に位置するラス・ニエベス自然公園は、1983年にユネスコによって生物圏保護区に登録されたロス・ティレス地域を有し、島で初めて登録された場所としても知られています。その中にはカナリア諸島の照葉樹林(新生代にヨーロッパから姿を消した固有の植物種のグループ)の中でも、もっとも密度の濃い森の一つがあります。ラ・パルマ島の南にはクンブレ・ビエハ自然公園が位置し、島の火山風景の象徴となっています。自然公園の敷地内には、カナリア松、ファイアツリーの群生、ヒース、照葉樹林が豊富に存在しています。島全体を覆う深い森の塊はさまざまな動物相を保護し、その中でもカナリーバド、アトリ、タカ、クロウタドリなどの鳥の存在が有名です。ラ・パルマ島の高い​​生態学的価値は伝統的な農業と持続可能な観光モデルが維持されてきたことに起因し、生物圏保護区として登録されたことも大きな要因の一つとなりました。

ラ・パルマ生物圏保護区


38700  ラ・パルマ島  (カナリア諸島)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:70.8 ヘクタール Eメール:info@lapalmabiosfera.es TEL::+34 922 415 417 Webサイト:ラ・パルマ生物圏保護区

ラ・パルマ島 (カナリア諸島):

-.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    島にはロス・リャノス、ブレニャ・アルタ、エル・パソ、マソ、フエンカリエンテといった興味深い場所があり、一見の価値があります。歴史的中心部である首都のサンタ・クルス・デ・ラパルマには、伝統的なカナリア諸島建築の宮殿や家屋が数多く保存されています。ラス・ニエベス聖母の聖堂は100周年を迎える伝統的な祭り、島の守護聖人の降臨の会場でもあります。

  • 環境情報

    ラ・パルマ島の険しい地形は、多種多様な植物種に適した環境です。その中にはラ・パルマ島とカナリア諸島の固有種も含まれています。その中でもカナリア松と照葉樹林は、自然風景の主役となっています。

  • 観光情報

    ラ・パルマ空港とカナリア諸島の他の地域を結ぶ便が毎日運行されています。また、島間の移動には船を利用することも可能です。エル・パソとロケ・デ・ロス・ムチャチョスのビジターセンターでは、展示や上映を通じて島を紹介するだけではなく、カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園を楽しむための最適なハイキングコースに関する情報も提供しています。