Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ルゴ のアンカレス山脈

エオ川、オスコとテーラス・デ・ブロン生物圏保護区

none

河川流域の生物多様性


この自然エリアはガリシアアストゥリアスの地域にまたがっており、2007年6月にユネスコによって生物圏保護区に登録されています。その知名度により、エオ川流域とその河口、ナビア川、ポルシア川、ミーニョ川の流域の一部、およびカンタブリア海の小さな流域の生物多様性は高く評価されています。エオ川、オスコとテーラス・デ・ブロンの生物圏保護区はスペイン北西部に位置し、14の自治体が含まれています。ガリシア側ではリバデオ、トラバダ、ア・ポンテノバ、リベリア・デ・ピキン、バレイラ、ア・フォンサグラダ、ネゲイラ・デ・ムニスがこの保護区に属しています。アストゥリアス側ではカストロポル、ベガデオ、サン・ティルソ・デ・アブレス、タラムンディ、ビジャヌエバ・デ・オスコス、サンタ・エウラリア・デ・オスコス、サン・マルティン・デ・オスコスの町があります。合計で約16万ヘクタールに及ぶ保護区には、鳥類のための3つの特別保護地区(ZEPA)、9つの重要地域(SCI)、および国際的に知られるラムサール条約で定められた重要な湿地(エオ河口)が含まれています。

エオ川、オスコとテーラス・デ・ブロン生物圏保護区


スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:159.02 ヘクタール TEL::+34 985 635 001 (Centro de Interpretación de la Ría del Eo) TEL::+34 985 476 509 (Mancomunidad Oscos-Eo) Webサイト:エオ川、オスコとテーラス・デ・ブロン生物圏保護区 Webサイト:エオ川、オスコとテーラス・デ・ブロン生物圏保護区

ルゴ (ガリシア):

Ribadeo.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    スペイン北部の伝統を建築に残している小さな村々がこの地域には現在も残っています。リバデオの貴族様式とタラムンディの典型的な建物が有名です。一般的に、これらの村々の経済活動は畜産と観光が土台となっています。

  • 環境情報

    この地域では素晴らしい生物多様性を見ることができます。崖には月桂樹と柳の木の森があり、海岸と山には樫の木立、湿った河畔林、ヒイラギとコルクガシを目にすることができます。動物相ではヤツメウナギ、ウナギ、アロサなどの魚が目を引きますが、その中でも鮭が有名です。カワウソ、川の真珠、イベリアのミズトガリネズミも生息しています。

  • 観光情報

    アストゥリアス空港から100キロメートル、ラ・コルーニャから145キロメートルに位置しています。また陸路では、アストゥリアスの首都オビエド、さらにルゴからN-634道路を使って保護区まで行くことができます。訪れた際は、ルゴのリバデオの町にあるエオ川ビジターセンターで保護区についての情報を得ることができます。また、地域内にある市町村の観光案内所でも情報を得ることができます。