Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アルグエジョス生物圏保護区にあるベガセルベラのブナ林

生物圏保護区 ロス・アルグエジョス

León

洞窟探検向けの場所


2005年にユネスコにより生物圏保護区に指定されたロス・アルグエジョスは、カンタブリア山脈の生態系の代表例です。

ロス・アルグエジョスはカスティージャ・イ・レオン州レオン県の中部から北部にかけて広がっており、ベガセルベラ、カルメネスとバルデルゲロスの自治体が含まれます。その独自性は、美的価値と学術的関心を結びつける風景にあります。存在する洞窟の数多くが重要な生物多様性を有する一方で、峡谷やカルスト地形により、海のすぐ近くにあり比較的高度が低いところで高山生態系を示すヨーロッパでも唯一の事例である、カンタブリア山脈の造山プロセスを理解できます。ロス・アルグエジョスのその地形こそが、主な魅力なのです。特に洞窟探検ファン向けには、バルポルケロ、ジャマサーレスやバレドのような目を見張る美しさの洞窟に加え、狭い鍾乳洞や峠道、そしてベガセルベラやバルデテハの瀑布のように印象的な峡谷がお勧めスポットとなります。数多くの空洞や割れ目の存在により、この狭い土地にイベリア半島に生息するコウモリ26種のうち15種が生息しています。また、猛禽類も代表的です。

生物圏保護区 ロス・アルグエジョス


レオン  (カスティージャ・イ・レオン)

スペースのタイプ:生物圏保護区 面積:33.26 ヘクタール Eメール:oficina@arguellos.eu TEL::+34 987 073 203 Webサイト:生物圏保護区 ロス・アルグエジョス

レオン (カスティージャ・イ・レオン):

Vegacervera.

お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 文化情報

    牧畜はこの地域の主産業の一つであり、風景の保全にも一役買っています。まさにこの牧草地が、非常に興味深い伝統要素を表現しているのです。

  • 環境情報

    ハイイロウズラやホウキノウサギといったカンタブリア山脈の多様な固有動植物相を有するだけではなく、この地域は、スペインで絶滅危惧種となっているヒグマの生存にとって欠かせない地域となっています。

  • 観光情報

    この地域の主な集落はレオン市から約50kmの場所にあり、国道N-630をアストゥリアス方向に進むと到着します。確立した自転車やハイキングルートもあり、これにより訪問者はこの地域を知ることができます。