Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アストゥリアス州にあるオビエド大聖堂

オビエド

Asturias

かつてオベトゥムと呼ばれた町は、その創設(8世紀)以来アストゥリアスの君主制と密接な結びつきを保ち、ついにはアストゥリアス王国の首都となりました。このような理由から、歴史地区には中世の雰囲気がはっきりと残されているものの、現代性をそなえた市内は移動しやすいよう慎重にレイアウトされた作りになっています。

この街は、世界遺産であるプレ・ロマネスク芸術の数々の例、コスタ・べルデの海岸線、あらゆる種類のスポーツが楽しめる素晴らしい自然風景、そしてもちろん一級のガストロノミーといったものに触れるためのまたとない出発点となっています。

歴史地区は歩行者専用道路となっているため、大学から大聖堂まで、そしてマルケス・デ・サン・フェリックス宮殿からカンポサグラード宮殿まで、オビエドを心地よく散策することができるようになっています。散策コースを飾り付けているのは、街の歴史をほのめかす場所を歩くと現れる彫像たちです。数ある広場や小広場で少し休憩して、チグレ(シードル専門店)のクアハーダを試してみてはいかがでしょう。オビエド大聖堂の塔が、このアストゥリアス州都を回るあらゆるツアーのスタート地点となります。華やかなゴシック様式で造られた大聖堂の塔、バラ窓、入り口のポルチコは、アストゥリアスの最も重要なシンボルといえるでしょう。サン・ミゲル礼拝堂または聖室には、聖櫃、天使の十字架、勝利の十字架が保管されており、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かう巡礼者もこれらの聖遺物を参拝しに訪れたものです。これらのシンボルは、オビエドの盾形紋章とアストゥリアス公国の盾形紋章に描かれています。大聖堂の周辺では、サン・ティルソ教会やべジャス・アルテス美術館、考古学博物館など、オビエドで最も重要な建物の例をいくつか見学することができます。このうち美術館と博物館については、かつてのベラルデ宮殿とサン・ビセンテ修道院のなかにそれぞれ設置されています。プレ・ロマネスク様式(8~10世紀)の建築物や彫刻はあまりにも数が多く、そのまま谷や山、小さな村に散らばっている建物の中に保管しておくのは不可能です。そこで、こういった古い教会の品々は考古学博物館に収められています。ここでは、青銅器時代から続くアストゥリアスの美術史全体に目を通し、さらに、先史時代、ローマ帝国時代、西ゴート族時代、そしてロマネスク時代のコレクションをじっくりと眺めることができるようになっています。ロマネスク様式とゴシック様式の先駆けとなった革新的なアストゥリアスのプレ・ロマネスク様式は、これらの土地にしかない希少な財産といえます。オビエドの街だけでも、サンタ・マリア・デル・ナランコ、サン・ミゲル・デ・リリョ、サン・フリアン・デ・ロス・プラドスなど、プレ・ロマネスクの非常に貴重な建造物を楽しむチャンスがあります。なお、これらの建物はすべて国定史跡になっています。これらの寺院や宮殿は、サンタ・クリスティーナ・デ・レナ、カマラ・サンタ、フォンカラーダ(中世の泉)とともに、ユネスコによって世界遺産に登録されています。オビエドの街は魅力的な広場を中心にまとまっているため、簡単に歩き回ることができます。大聖堂広場は、バルデカルサーナ宮殿とラ・ルア宮殿があるアルフォンソ2世エル・カスト広場へと続いています。歴史地区のなかでも最も古い地区であるシマデビージャには、昔ながらの卸売市場が入っている一風変わったトラスコラレス広場とコンスティトゥシオン広場があります。コンスティトゥシオン広場には、18世紀に建設された市庁舎とサン・イシドロ教会があります。そしてその隣には、ポルチコ付きのフォンタン広場があります。全く同じ名が、かつては鉄とガラスを扱っていた市場にもついています。この広場にあるカラフルな家々からは、活気あふれるダオイス・イ・ベラルデ広場も見渡せます。このエリアでは多くのアーケードが開放されており、天然シードル(リンゴジュースから作られる低アルコール飲料)を注ぐ準備は万端です。オビエド大学は、エンサンチェにたどり着く前に歴史地区で最後に目にする建物だといえるでしょう。大学のプラテレスク様式のファサードは16世紀のもので、年間を通じて多数の文化イベントが開催される回廊へと続いています。近くにあるトレノ宮殿とカンポサグラード宮殿のファサードも一見に値します。ここから、エスカンダレーラ広場とサン・フランシスコ公園を中心として、19世紀後半のオビエドが始まります。この付近には、州政府の本庁舎となっている地方宮殿、アストゥリアス銀行、旧エレーロ銀行が集まっています。これらはすべて「フランスかぶれ」の宮廷だったところです。同じく近くには、毎年アストゥリアス王太子賞の授与式が行われるカンポアモール劇場があります。モダンアートセンターもここにあります。オビエドの商業的な側面を知りたければ、ウリア通りに沿って進まなければなりません。この通りのわき道のひとつであるヒル・デ・ハス通りに入っていくと、かつての県営無料宿泊所(18世紀)にたどり着きますが、この建物は今日では豪華なホテル・レコンキスタにリニューアルされています。オビエド探索コースのどの地点にいても、地元のガストロノミーを楽しんでいただけます。試食リストから外せないものとして、カブラレス、ビディアゴまたはガモネドのチーズ、アストゥリアスのファベス(白いんげん豆)、ピシン(アンコウ)、シーフード、またはカルネ・ゴベルナーダ(煮込み料理)を挙げることができます。デザートのレパートリーも豊富で、アロス・コン・レチェ、フリシュエロ(クレープの一種)、アーモンドケーキなどがあります。アストゥリアス州の中心に位置するオビエドでは、さまざまなルートを使って県全域を見て回ることができます。アストゥリアス東部にのびるコスタ・べルデの海岸沿いには、ラストレスといった漁村や、リバデセーヤやジャネスといった歴史を強く感じさせる避暑地があります。カンタブリアにごく近いコロンブレスには、インディアノ(かつて中南米に渡ってひと財産を築いた人たち)の遺産が残っています。複雑な地形をした内陸部の東部には、ピコス・デ・エウロパ国立公園や、アストゥリアスの歴史と密接に結びついている飛び地、カンガス・デ・オニスといった自然の至宝があります。また、昔の粉挽き場を改修したパラドールがある象徴的なヒホンや、ビジャビシオサ、州南部のレデス自然公園の存在も忘れてはなりません。西海岸からガリシアの地にかけては、カンダスやルアンコといった漁村、サリナスビーチに代表されるような美しいビーチ、クディジェロのように海と山の間に広がる町がいくつもあります。これらはすべて、カンタブリア海のシーフードを堪能するのに格好の場所です。ルアルカ、ナビア、タピア・デ・カサリエゴの海岸を特徴づけているものは灯台と崖で、何キロも続くビーチに点在しています。内陸部の西部では、グラドやサラスにある興味深い歴史地区、ペニャ・デ・カンダーモにある先史時代の洞窟、またはロス・オスコス地方のように一般建築が自然と融合している風景を楽しむことができます。ソミエド自然公園とムニエージョス生物保護区は、アストゥリアスの自然と環境の豊かさについて多くのことを教えてくれます。また、そういった自然の中では、環境へのインパクトが少ないスポーツを楽しむことができます。数あるルートの中には、オレオ(滑らかな石の脚と瓦屋根の上に建つ四角い木造穀物倉で、食料を乾いた状態で保管しておくのに役立つ)やインディアノ建築(アメリカ大陸から豊かになって戻ってきたアストゥリアス出身者が建てたエキゾチックな邸宅)を観察できるコースもあります。サンティアゴ巡礼の道から枝分かれした北の道と呼ばれるルートが、コロンブレスからタピア・デ・カサリエゴまで、アストゥリアスの海岸沿いに走っています。一方、オビエドはレオンやルゴとも繋がっています。このコースでは、教会や巡礼者向けの病院を訪問することで、アストゥリアスの文化とそれが聖ヤコブの道に与えた影響を間近で見ることができます。この地方のシンボルともいえる飲み物であるシードルのルートは、風景のなかにリンゴの木があふれている地域を通ります。ここでは、工場、ラガル(リンゴ果汁をしぼるための圧搾機)、ナバにあるシードル博物館を見学することができます。アストゥリアスの鉱業に興味のある方は、ナロン渓谷とカウダル渓谷を歩きながら、この産業独特の景観を近くから眺めてみてはいかがでしょう。エル・エントレゴには、見学者が鉱山のレプリカにアクセスできる鉱業博物館があります。ミエレスでも、鉱業によって形づくられた町の姿を見ることができます。近くにはバルデクーナの殉教者の聖地があり、ポラ・デ・レナには、アストゥリアス芸術の珠玉のひとつに数えられているプレ・ロマネスク様式のサンタ・クリスティーナ教会があります。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。