Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サラマンカ大聖堂の外観

サラマンカ大聖堂

Salamanca

サラマンカ大聖堂とは、具体的には結合した2つの寺院を指します。1つは12~13世紀の旧大聖堂、もう1つは16世紀の新大聖堂です。

旧大聖堂はロマネスク様式で、雄鶏の塔が際立っています。12世紀末に建設が始まったこの寺院の中には、サン・ミゲル礼拝堂または「油の礼拝堂」があります。また、15世紀に遡り、デッロ・デッリ率いるさまざまな画家が作成した祭壇画も注目されます。 

ドームを覆う壁画は、ニコラス・フロレンティーノの作品です。この素晴らしい絵画では、最後の審判におけるキリスト像を目にすることができます。旧大聖堂は、その中にある司教や貴族の美しい墓により、訪問者の目を惹きつけます。16世紀に建造が始まり18世紀にチュリゲラの手で完成した新大聖堂には、1626年に彫刻家エステバン・ルエダにより彫られた昇天の聖母像があります。新大聖堂には、1727年にホアキン・チュリゲラにより設計された聖歌隊用の石造建築が特徴的です。ロレートの聖母や洗礼者ヨハネのようなルネッサンス様式の絵画を擁する、この寺院のバロック風の聖歌隊席後方部は、素晴らしい美しさです。

サラマンカ大聖堂


Plaza Juan XXIII s/n

37008  Salamanca, サラマンカ  (カスティージャ・イ・レオン)

Eメール:info@catedralsalamanca.org TEL::+34 923 217 476 TEL::+34 923 281 123 Webサイト:http://www.catedralsalamanca.org
おすすめプラン

次の訪問