82の検索結果のうち1から12を表示

バジャドリード県メディナ・デ・リオセコを通るカスティージャ運河
自然, ルート

カスティージャ運河ルート: 18世紀の水路の夢が現実に

海岸から数百キロメートル離れたスペイン内陸部カスティージャ・イ・レオン州中心部のクルーズはいかがですか? マドリードからクルマで1時間半ほどのところにあるこのルートは、家族での遠出にぴったりで、18世紀スペインの主な土木技術の一つに驚嘆することができます。カスティージャ運河とは何でしょうか? 200キロメートルを超える人工運河で、さまざまな川の水を利用してパレンシア、ブルゴスとバジャドリードの各県を結んでいます。スペイン内陸部のこの地域から北部の港に商品を運べるようにすべく、この運河は建設されました。 ...

アイグエストルテスとエスタニ・デ・サン・マウリシ国立公園
ルート

カタルーニャ沿岸とピレネー山脈のルート

自然と文化を見事に組み合わせたカタルーニャの一面を巡ることが特にお勧めです。目的: 地中海岸とピレネー山脈という、世界的な規模の観光地を楽しむ。旅程は2週間以内で終わらせることができますが、休憩を入れてより時間をかけて過ごすほうが常にお勧めです。この道のりでは、時間が止まったかのような景色や小さな農村を発見し、のんびりとしたくなることでしょう。

マヨルカでヨット
ルート

ヨットでバレアレス諸島を巡るルート

「バレアレス諸島」と言えば、地中海のターコイズブルーの海の入り江で、時計を止めたくなるような地中海の森に囲まれた典型的なイメージをすぐに想像できます。そして、マヨルカ、メノルカ、イビサ、フォルメンテラ島(群島の最大の島々)は、まるで天気、海、航海を楽しむように作られているようです。多くの映画スター、アスリート、または偉大な王族の人物がこの諸島を選択し、休暇を過ごしたり、別荘を持ったりしています。実際、夏を楽しみ、バレアレス諸島をヨットで航海する有名人に出会うのは一般的です。いつご旅行ですか?

エクストレマドゥーラの牧草地の夕暮れ
ルート

カセレス県のルート

カセレス県(エクストレマドゥーラ州北部)への旅は、嬉しい驚きと満足を得ることを意味します。スペイン内陸のこの地域に、虜になるものがあることは忘れられがちです。モンフラグエ国立公園などの独特な自然地帯があることをご存知ですか?また、世界遺産を2箇所も訪れることができるのをご存知ですか?カセレスの旧市街とサンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院がその必須スポットです。また、ガストロノミーでは、地元のチーズや生ハムを是非お試しください! スペインのこの地域には大して見るものはない、なんて言わないでくださいね。さらに、バダホス県(エクストレマドゥーラ州南部)へ足を延ばし、メリダなどの信じられないような街に出会うこともできます。今日はカセレス県に焦点を当て、具体的なプランをいくつかご紹介します。

レオン大聖堂
ルート

レオン県の銀の道とその周辺

スペインの北半分、カスティージャ・イ・レオン地方に位置するレオン県にお越しになる際に銀の道をお楽しみいただけるよう、いくつかのアドバイスをご紹介します。銀の道は、かつてローマ帝国の時代にこの国を北から南にかけて縦断していた立派な古代ローマの石畳道でした。当時、商業用の主要道路であったものが、今日では北はアストゥリアスから南はアンダルシアまでを結ぶ重要な観光ルートの出発点となっています。

グラナダのアルハンブラ宮殿の全景
ルート

アンダルシア遺産ルート(Legado Andalusí)

8世紀から15世紀にかけてアラブ人から受け継いだアンダルシアの伝統、歴史、文化を通してアンダルシアを発見する旅をご紹介します。これらのルートをたどると、グラナダのアルハンブラ宮殿やコルドバのモスクなどのユニークなモニュメントに驚かされることでしょう。また、通常の観光ルートから離れた魅力的な村を訪れることもできます。続いて、ヨーロッパ評議会の偉大な文化的旅程(Gran Itinerario Cultural del Consejo de Europa)として認められているアンダルシアの遺産ルートを構成する4つのルートをご覧ください。

カナリア諸島の眺め
ルート

カナリア諸島でのバカンス

カナリア諸島を構成する8つの島を満喫するために、それぞれの島での必見観光スポットを含む旅行プランをご提案します。決して十分ではありませんが、それぞれの島に最低2日間は滞在することを前提にしています。空港からの抜群のアクセスを有効活用しましょう。 2つの中心的な島はグラン・カナリア島とテネリフェ島です。この2島をスタート地点として選ぶのは、ほかの島々とを結ぶ主要な空と海のアクセスを有しているからです。フエルテベントゥーラ島、ランサローテ島、ラ・ゴメラ島、ラ・パルマ島、エル・イエロ島 ラ・グラシオーサ島)と飛行機、船での連絡が良いので、ここを起点に旅行プランを練りましょう。どんな島でしょうか。

サンティアゴ巡礼の道で休む巡礼者
ルート

フランスの道

ピレネー山脈からサンティアゴ・デ・コンポステーラまでのフランスの道は、アラゴン、ナバーラ、ラ・リオハ、カスティーリャ・イ・レオン、ガリシアの地域を通り、毎年15万人以上の巡礼者が訪れるルートです。このルートは9世紀に使徒聖ヤコブの墓が発見されて以来、現存しており、『カリクストゥス写本』(12世紀の出版物)に詳細に掲載されたことで国際的に有名になりました。

表示中

82の検索結果のうち1から12を表示