44の検索結果のうち1から12を表示

リリア宮殿の舞踏場
イベントカレンダー | Madrid

エウヘニア皇妃。アルバ家邸宅

25 5月 2021 - 30 12月 2021

この展覧会は、ガイドが同行する少人数のグループでテーマ別に見学するもので、スペイン語、英語、フランス語に対応しています。スペインの若き貴族であり、ナポレオン3世との結婚によりフランスの皇后となった彼女の魅力的な物語について学ぶことができるまたとない機会です。 生涯を通じて、バレラ、プロスペル・メリメ、スタンダール、ルイ・パスツールなどの知識人との交友を深めました。パリ万国博覧会やスエズ運河開通式にも参加しています。彼女はファッション界におけるインスピレーションとなり、また、いくつかの精神病院、孤児院、病院を設立しました。 ...

イベントカレンダー | Madrid

マラソン: サン・シルベストレ・バジェカーナ

31 12月 2021

このマラソンは二部に分かれています。 一つはサン・シルベストレ一般の部。10歳以上のランナーであれば誰でも参加でき、定員は27500人です。もう一つの国際サン・シルベストレ・バジェカーナの部は10キロ走の記録が男性39分以内、女性45分以内であることが参加条件となっています。また定員も1000名に限定されています。

イベントカレンダー | Madrid

大晦日

31 12月 2021

夜12時ちょうどに、年が変わる時に鳴る鐘の音に合わせて、スペイン人の家族は12個の葡萄を食べます。伝統によると、時間内に葡萄を食べた者は、次の年の12か月間成功すると言われています。この習慣は10世紀初期に始まったと言われています。時計のある市役所前の広場や大広場など、街角で祝うこともよくあります。マドリードのプエルタ・デル・ソルは特に有名です。

ソローリャ。拷問と信仰心
イベントカレンダー | Madrid

ソローリャ。拷問と信仰心

13 7月 2021 - 09 1月 2022

展示される絵画は、この画家の初期の創作(1880年から1890年)に属します。民衆の信仰心の情景を描いたこの作品は、市場での受け入れにより、上流ブルジョワたちの間で名を知られることになりました。実際、これら作品の多くは、メセナや庇護者たちの依頼により描いた絵画なのです。 ご覧になれる作品の中では、現在では3つの部分のみが保存されているものの、本展覧会で初めて実寸大で展示される巨大画の作品「キリストの埋葬」が際立っています。1881年の日付が記され、最近ソローリャ美術館が取得した水彩画「修道士の個室」も展示されます。

左:フラ・アンヘリコ。謙遜の聖母 - 右: ジャコモ・チェルーティ。一連の物乞い人。
イベントカレンダー | Madrid

国立カタルーニャ美術館におけるティッセン=ボルネミッサ男爵コレクションの、16世紀から18世紀にかけてのイタリア絵画

25 10月 2021 - 09 1月 2022

タッデオ・ガッディ、フラ・アンジェリコ、ジャンバッティスタ・ピアッツェタやジャコモ・チェルーティなどのアーチストの絵画が、マドリードのティッセン=ボルネミッサ国立美術館で現在展示されています。これらの作品は当初、ペドラルベス修道院で1993年に収蔵されました。2004年に国立カタルーニャ美術館へと移転し、常設展示されるようになりました。同美術館のコレクションにおいて、イタリア学派絵画の重要なセレクションを構成しています。

ジョルジョ・モランディ。「ナトゥーラ・モルタ」、1953~1954年。キャンバス地油彩。26.4 x 70.9 cm。アウグストおよびフランチェスカ・ジョヴァナルディ・コレクション、ミラノ。(V.896)。写真
イベントカレンダー | Madrid

モランディ。無限の響き

24 9月 2021 - 09 1月 2022

死んだ自然、景色や花が入った壺が、モランディの作品で何度も登場するモチーフです。彼の絵の多くは日常の物体を題材としていますが、色や形、そしてかさのハーモニーの詩が詰まっています。本展では「自画像」と「海水浴客」という、人間の姿を表現する数少ない絵画のうち2点が展示されます。また、彼の作品に関連する写真や彫刻、絵画や陶磁器などの現代アーチストの作品のセレクションも展示されます。

フィンセント・ファン・ゴッホに会いましょう
イベントカレンダー | Madrid

フィンセント・ファン・ゴッホに会いましょう

30 9月 2021 - 09 1月 2022

展覧会には教育的そして遊びながら学ぶ要素が含まれており、実体験しながらの訪問をベースとしています。このため、上映やバーチャル再現ルートには音声ガイドが設置されています。ファン・ゴッホの作品を大規模な設備で楽しむ以外にも、例えば、アルルの黄金色のわらに登ったり、ファン・ゴッホの寝室の実寸大の再現でセルフィーを撮影したり、作品のさまざまなレイヤーを知る。また、色の基本理論を学んだり、この画家が使っていた遠近法を使ったり、さらには子ども向けの宝探しに参加したりできます。

死との直面 死の仮面。エルサレム。ローマ時代、紀元後1〜2世紀。金
イベントカレンダー | Madrid

人間の姿

29 4月 2021 - 09 1月 2022

本展では、時代、テーマ、文化を区別することなく、人間のイメージとその意味、芸術におけるその重要性、歴史上の芸術家の創造力を掘り下げていきます。先史時代から現代に至るまで、エジプト、ギリシャ、メソポタミア、日本、アフリカ、オセアニアなどで制作されたユニークな造形物を展示しています。古代文明の象徴的な作品は、見て楽しむだけでなく、美の理想、神性、肖像画の意図、権力、身体の変容など、現在の概念を考えさせられます。

グラナダにある議事堂にて公開されている#InGoya展覧会。
イベントカレンダー | Madrid

#InGoya.イマーシブ体験

05 10月 2021 - 16 1月 2022

フェルナン・ゴメス市文化センターの劇場では、このイマーシブ展示会でフランシスコ・デ・ゴヤの生誕275年周年記念に参加します。包み込む効果のある巨大スクリーンがゴヤの主要作品の数多くを上映し、最大限の詳細を伴う形で絵画を鑑賞する機会を提供しながら、通路を歩くことになります。印象的な効果により展覧会が、より若い世代の観客にもゴヤを知ってもらえる入口となります。技術の応用と詳細の水準により見学者は、この巨匠の作品に対する理解を深めるオプションも手にすることになります。

アルプスより初めてイタリアを見下ろす、征服者ハンニバル フランシスコ・デ・ゴヤ キャンバス地油彩、131,5 x 87 cm 1771 マドリード、国立プラド美術館プラド美術館友の財団の寄付
イベントカレンダー | Madrid

40年の友情。プラド美術館友の財団の寄付

14 9月 2021 - 16 1月 2022

展覧会は、同美術館に同財団から寄付された、または同財団が作品の購入に寄与した作品全てから構成されます。例外は現代アートの素晴らしいコレクション3つであり、これらは作品数が膨大であるため、いくつか選抜された作品で代表されます。この中には、まさにこの40周年記念で同財団から寄付された、ゴヤの作品「アルプスより初めてイタリアを見下ろす、征服者ハンニバル」も含まれているのです。 展覧会では、同財団から寄贈された絵画、同美術館で展示された現代アーティストの作品、ベラスケスサークル・デッサン版画委員会からの寄付作品と、同財団の国際理事会や米国プラド美術館友の会からの寄贈作品も含まれています。

表示中

44の検索結果のうち1から12を表示