Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
「天使の降臨」にて、少女が主役となり、宙に吊り下げられて聖母像に近づいて、喪中であることを示した頭に被せられた黒い布を外している様子

ボラティンと天使

国定観光名物祭り
Navarra

ナバラ州のトゥデラでは、聖週間の最後の数日間、中世から続く習慣である「ボラティンと天使」の儀式が行われます。

聖土曜日の午前10時、ボラティンと呼ばれる、口に爆竹入りの葉巻をくわえた木製のぼろ人形を燃やして揺する儀式が開始されます。火を付けられた人形は、バラバラと地面に落ちるまで力強く揺さぶられます。これは、イエス・キリストをローマ軍に引き渡した使徒ユダの自殺を記念する簡素な儀式です。日曜日の午前9時、「天使の降臨」が行われ、何千人もの人々がフエロス広場に集まります。このとき、天使の恰好をした子供が空中を滑空し、黒い布で頭を覆われた聖母像にたどり着きますが、これはイエスの死を悼んでいることを表しています。天使役の子供は、キリストの復活の喜びのしるしとして、この布を外します。

ボラティンと天使


Tudela, ナバーラ  (ナバーラ特権州)

ギャラリー

画像で